あまり知られていない国家資格の臭気判定士という資格の詳細まとめ

臭気判定士の特徴

臭気判定士の特徴

臭気判定士は、パネルと呼ばれる人間の嗅覚を用いて臭気強度を統計学的手法により算出して、判定を行う技術者の資格となっています。

特徴として、筆記試験のみでなく、嗅覚検査という実技があることにあります。

嗅覚は、年齢とともに悪くなっていく傾向が見られることから、嗅覚検査に合格しても定期的に更新を受けていく必要があります。

また、臭気判定士は環境省所轄の国家資格です。環境に関係する国家資格は他にもいくつかありますが、どちらかというと、経済産業省などの所轄のものが多いこともあります。

ですが工業よりの国家資格で、公害問題を契機としてはじまったものとなります。臭気判定士は比較的新しい国家資格で、より人間の生活環境を良くすることを目的としたものとなります。

臭気判定士の試験詳細

臭気判定士の試験詳細

においは人の嗅覚による方法と分析機器を用いる方法があります。

臭気判定士は、嗅覚測定法を行うための資格であり、そのためのパネルの選定、試料の採取、試験の実施、測定結果のまとめをといった全てのを統括することができる国家資格なのです。

試験詳細は、法で定められている22種の特定の悪臭物質の規制や苦情の解決、さらに人がにおいを感じなくなるまで希釈する倍数の強さを判定する嗅覚測定法です。

分析機器で測定する方法と人の嗅覚で測定する嗅覚測定法が主流となっています。

生活環境の保全の重要性が高まりで、委託測定などの分析や分析サービス業からの臭気判定士の活躍、最近ではISO14001の取得に取り組む企業が自主的に環境管理のために資格を取得するケースも増えてきています。

臭気判定士は、18歳以上で学歴、実務経験を問わず臭気判定士試験(筆記)と嗅覚検査 の合格しなければならないのです。

臭気判定士の難易度

臭気判定士の難易度

臭気判定士は、悪臭防止法によって平成8年から設けられた国家資格です。

臭気判定士の免許は、国家試験に合格しなければ取得することができません。国家試験は毎年11月の中旬に行われ、7月の中旬頃から申込の受付が始まります。

試験は、筆記試験と嗅覚検査が行われ、両方に合格すると免許状を申請することができます。筆記試験の合格基準は、各科目の総合点数の65%以上の得点が必要になります。

毎年600人前後が臭気判定士の国家試験を受験し、合格率は約20%から30%なので難易度の高い国家試験と言うことができます。

筆記試験の合格証には有効期限はありませんが、嗅覚検査の合格証には1年しか有効期限がないので注意が必要になります。